肋間神経痛は、一瞬息ができなくなるほどの […]

肋間神経痛の痛み

肋間神経痛は、一瞬息ができなくなるほどの痛みを伴う人もいるくらい、いったん患うと辛いものです。

肋骨に沿って走っている神経が、何かの理由で痛んでいるのですが、その原因がはっきりしないため、なかなか効果的な治療がままならないこともあります。

原因として考えられるのは姿勢の問題です。

運動不足や過労などもあります。

不自然な姿勢で長時間いると、神経が骨や筋肉で締め付けられたりして、肋骨付近が痛くなるのです。

また、帯状疱疹ウイルスに感染して、肋間神経痛が激しく痛みだすこともあります。

いずれにせよ、ちょっと動いたり息を吸ったりはいたりするだけでも、胸のあたりが傷むわけですから、辛いものです。

風邪をひいていたりすると、咳をしただけでも、かなりの痛みを伴います。

参考ページ・・・>http://www.istanbul-emlak-ilan.com/

骨粗鬆症の人の場合には、咳やくしゃみで肋骨を骨折してしまうこともあります。

場合によっては、他の病気が要因になっていることも考えられます。

圧迫骨折などの可能性もゼロではないので、早めに病院で診断を受けることが大切です。