デザイナーズマンション人気の秘密‐名古屋版‐

名古屋のデザイナーズマンションが人気なようですが、その理由はどこにあるのでしょうか。

デザイナーズ人気に土地柄が影響?

名古屋のデザイナーズマンション人気は、発祥当時からつづき、トレンド市場を牽引してきました。

不動産価値の歴史とともに、現在の若い人の意識を探ってみましょう。

■脱・戸建て住宅。

若い人たちの価値観の変化。

駅徒歩圏内から遠く外れた戸建ての賃貸住宅に住むくらいなら、多少高いお金を出しても、駅近のデザイナーズマンションに住んだ方がいい~。

若い人たちのあいだでは、独身ではない若い夫婦どうしの会話でもこのような意見が支配的なのだそうです。

土地付の戸建て住宅に憧れる価値観は去り、いまは身軽なマンションライフへ。

しかも一部にはデザイナーズはデザイナーズでも、高級賃貸に対する関心が非常に高まっていると言います。

■所有しない価値観世代がつくるデザイナーズ現象。

もともと戸建て住宅というのは日本男子の“家族を養う一人前の男の象徴”として半世紀近くその地位を保ってきました。

ところが核家族化がすすみ、住み継ぐ家の必要性が薄まったことから、戸建ての人気はマンションに代わり、デザイナーズマンションにその地位を譲ったという歴史的経緯があります。

いま名古屋で人気なのは、デザイナーズマンションの中でも高級賃貸とされる物件。

所有しない身軽さという若い世代の価値観の台頭がそこにあります。

■名古屋におけるデザイナーズマンションの“高級賃貸人気”は、今後も高まりをみせつつ、あと数年はつづくと考えられます。

名古屋はある意味で“見栄張りの象徴的なところ”と言われています。

そのような土地柄・人柄がデザイナーズ物件を支え牽引してきたことは、発祥の経緯からも明らかです。

家賃は高いが見栄えがいいデザイナーズマンションの牽引役として非常に誇らしいことでもあります。

Comments are currently closed.